@d_tettu blog

メディアとかウェブとかネコとかそこらへん。たまに日記。

インターネットで知らない誰かの言葉に出会う、ささやかだけど確かな幸せ

「人生を豊かにするのは、ささやかだけど確かな幸せである」と、ずーっと昔に森鴎外が言った。どの小説だったか。この言葉がすごく好きなんですよ。

ボードゲームも読書も猫と遊ぶのも自転車も楽しくはあるのだけど、インターネットで瑞々しい文章に出会うのはそれに勝る喜びがある。

Twitterでもブログでもなんでもいい。誰が書いたか知らないけど引き寄せられる、胸の奥の方からぐわ〜ってじんわりくる文章がある。

この前、Tumblrで就活中の学生のものと思われる日記を見つけた。これがすごく良い。

夜、バスが来ないのに焦れて初めてタクシーに一人で乗った。四千円分道路を流しながら、ずっとこうしてたいと思った。どこにも行かれないのはわかっている、わたしはわたしの足でしか歩かないからほっといて。

悪い恋人

こんなおとなになりたかったんだっけ、と23時の街を見下ろしながらぼうと思う。霧が出ていたけれど、青葉城址から見下ろす夜景はとうとく煌めいていた。東京と比べたらなんてちっぽけな、所詮子供騙しのような都会で、けれど、これらは確かにわたしたちの生活が詰まったひかりだ。三年間こんな街に住んでいたんだね、全然しらなかった。

悪い恋人

Tumblrを何気なく眺めていて流れてきた日記なのだけど、グッと引き寄せられた。ある一時期にしか見られない限られた風景のような。瑞々しい、だけど少しだけささくれのある言葉選び。

自分じゃ書けないなあ。

場末の店でひとり飲むのも好きで、隣り合ったおじさんと話すことがある。休日の16時からチューハイを飲んで、野球を見るかクロスワードパズルをするか、そんな感じでだらだらやってるおじさん。

これくらいしか楽しみがないんだよねえ、なんて雑誌のクロスワードのページを開きながら話してくれる。これ分かる? うーん難しいですね。ところで……と昔の話などを聞く。

インターネットで名も知らぬ人の言葉に出会う、飲み屋でおじさんの話を聞く。特別な何かはなにもないかもしれない。でも、そこには確かに彼 / 彼女の物語がある。その一端を少しだけ聞かせてもらっている。

そんな瞬間は、自分にとっての「ささやかだけど確かな幸せ」だなあと思う。

ともあれ、この人の日記すごくいいです。暇なときに読んでみてください。

hiraite95.tumblr.com

あ、冒頭の森鴎外の言葉はデタラメです。

Slackを使って日々の生活を管理 / 可視化するライフハック(?)

ゴミ捨て、洗濯、買い物……日々こなすべきタスクは、全て滞りなく処理できていますか? いえ、ぼくはできていません。ゴミ捨てはちょくちょく忘れるし、帰宅してから生活用品の買い忘れに気付きます。

よろしくない。

というわけで、私生活も業務のように管理すべく、Slack、TrelloとZapierといったツールを使った管理体制を考えてみました。これで日々のタスクもちゃんとこなせるはず。 

Slackでやりたいこと 

  • タスク管理。ゴミ出し、買い物、あれやんなきゃこれやんなきゃ……などなど。
  • お天気や今日の予定など、毎日チェックする情報の一元化。
  • TwitterやFacebookでは発信しづらい、だけどログを残しておきたいメモを残す(仕事のことなど外部に発信しづらいこともあるから)。

あとはTwitterの特定ユーザーのウォッチでもできれば〜って感じ。

Slackはこんな感じで部屋を分ける。「IFTTT」などと書いてあるのは連携のために使用したツールです。それぞれ長所短所があるので使い分けています。

  • #daily-task

    • IFFF / Trelloにぶっこんだタスクの処理状況が流れる部屋。

  • #today-notification

    • myThing, IFTTT / お天気と今日の予定(Google Calendarからひっぱってくる)が流れてくる部屋。主にリマインダー用。

  • #diary

    • 思いついたことや感じたことを書いていく日記みたいな部屋。

    • Zapier / 残しておきたいメモはスターをつけてEvernoteに転載する。また、Evernoteにメモした長文もSlackに転載する。

  • #twitter

    • Zapier / 特定アカウントのツイートやふぁぼったツイートが流れたり、新規フォロワーのログを溜めていく部屋。

  • #illustration

    • Zapier / Twitterのイラストレーターの絵がひたすら流れてくる部屋。pics以外は弾くようにフィルター処理。

こんな感じで整理してみました。他にもできることがありそうですが、ひとまず作ってみて、随時整備していくということで。

Zapierって何?

IFTTTやmyThingはある程度知られているかと思いますが、Zapierはそうでもないかも? まあ簡単に言うとIFTTTみたいなもんです。

違いとしてはフィルター処理ができる、細かくカスタマイズができる、といった点が挙げられます(ただし有料)。botのアイコンを変えるとか、投稿内容をいじるとか。

ちょっと古いですがご参考。

作ってみた

  • タスク管理

Trelloとの連携ではIFTTTを使いました。シンプルに、Trelloにカードが追加されたらbotが書き込むってだけです。

https://ifttt.com/applets/47134912d-trello-slack

 

f:id:tettu0402:20170104010142p:plain

 

こんな感じに追加したカードが、

f:id:tettu0402:20170104010217p:plain

こーなる。Trelloはスマホアプリで随時タスクを追加していきます。

ちなみにTrelloでは拡張機能を追加すればガントチャートによる管理もできるのですが、そこまで管理にコストかけなくてもなあ。というわけで保留。

  • お天気や今日の予定

お天気情報はmyThingで。IFTTTでもお天気通知機能があるのですが、USにしか対応してないんですよね。myThingならYahoo!天気の情報が使えるので便利。

Google CalendarはSlack公式のIntegrationで。これはシンプル。

この2つを追加すると、

 

f:id:tettu0402:20170104010921p:plain

こーなるわけですね。他にも交通情報やニュース予定とかも流していきたいのですが、ひとまずこれで。

  • つぶやき

これはもう単純に書き込んでいくだけ。IFTTTで自分のツイートも流し込んでいます。こういうのメモったりしてる。他は仕事のこととかあるので晒しづらい……。

f:id:tettu0402:20170104011244p:plain

お仕事で利用しているSlackでも個人チャンネルを作ってあるのですが、気兼ねなくひたすら考えたことを書き連ねていると、それはそれで発見がありますよね。

あーこんなこと考えてたのか〜とか、書いているうちに自分なりに整理できたりとか。

自分の考えを可視化するツールとしては他にもマインドマップなどもありますが、まず可視化できる環境を用意する、ひたすら可視化のハードルを下げる、っていうのが大事なんだなあと気付きました。

これおすすめです。

#illustrationでは、Twitterでリスト管理している絵描き系のアカウントのpicsだけが流れるようにしています。Zapierならこういったフィルター処理ができるのが便利ですね。有料ですが。

  • Twitter監視

日々、Twitterはリスト管理してつぶやきを追っているのですが、特定のつぶやきだけ追いたいっていう場合もありますよね。例えば、IT系の方々のURL投稿だけRSS的に見ていきたい、とか。

Zapierであればそういったフィルター処理が可能です。イラストレーターのpics投稿だけSlackに流してください、とか。

これでウォッチがはかどる。

やってみて

まだ使いはじめてちょっとしか経っていませんが、前より生活の自動化が進んだように思います。少なくとも、グダグダとやり忘れる、ってことはなくなりました。

こういった生活実験は今年、積極的にやっていきたいなあと思っています。

ちなみにSlackを使うならFranzっていうアプリが便利です。Facebook MessangerもSkypeもTweetDeckもMailも全てここでチェックできます。他にも連携できるサービスがずらり。

渋谷UPLINKで上原亜衣の映画を見たら、「あばら家 別館」で軽く飲むのがいい

UPLINKで「青春100キロ」を見てきたんですね。上原亜衣に会うため(もちろんそういう意味で)に、新宿から山中湖まで走るっていうドキュメンタリー。
※彼女の作品は見たことない。

ケイ君という青年が、彼女に会って思いを伝える。そして合体する。

あんまり絵的にも変化がないので退屈した時間帯もあったのだけど、ボロボロになりながらも気合いで100キロ踏破したそのひたむきな姿勢は、感情移入するには十分すぎるほどでした。

100キロもの道のりを走ってきてボロ雑巾状態にも関わらずギンギンのケイ君。良かったなあ、思いを伝えられて。ラスト15分のための映画でした。


それはそうと映画を見終わってちょっとだけ飲みたい、ということで、すぐ裏にある「あばら家 別館」にふらっと寄りました。


ここがいいんですよ。立ち飲みもできれば、座ってダラっとすることもできる。お会計は注文ごとにその場で支払うので、帰りたくなったらサーッと帰れる。


蒸し鶏山わさび添えを食べたり、


生肉盛りを食べたり。


卵黄を割ってとろ〜っ、としたとこを食べるのがいい。

vine.co
とろ〜っ、としたの好きすぎてニラ玉も頼んじゃう。


ゆっくりしてたら葉巻ももらった。キューバ産らしい。


わんこもいる。まだ1才くらいだとか。


虐待かな?


警戒心は強い方だったけど、こっちが変な動きをしないかぎりは近寄ってきてペロペロするなど。かわいらしい。

奥渋の入り口あたりに店を構えているので、あのあたりを見て回って最後にここへ、なんて素敵なコースですね。2人でしこたま飲んで4000円強。くっそ美味え。また行こう。

【阿佐ヶ谷】近所にできた電源もWi-Fiもあるカフェがどストライクすぎる

阿佐ヶ谷に住み始めて8年強。こんなに琴線に触れるカフェがあっただろうかというくらい「どストライク」なお店が近所にできました。

その名も「ペンギンカフェ」。Wi-Fiもあれば電源もある、それでいて(幸か不幸か)駅からは徒歩10分ほど離れているので、とても静かなお店。

それだけでは都内に数多くあるノマドカフェの一つにすぎないのですが、何が良いって、「ペンギン・カフェ・オーケストラ」の香りがそこかしこに感じられることです。

流れる音楽もペンギン・カフェ・オーケストラ。壁にかけられているアナログレコードもペンギン・カフェ・オーケストラ。「ペンギン・ラテ」なんて飲み物があるくらい。

ペンギン・カフェ・オーケストラであふれている。

ペンギン・カフェ・オーケストラは70年代後半〜00年くらいまで活動していた、なんというかユーモアあふれるオーケストラ風味の楽団です。日本でも幅広いアーティストに愛され、07年には坂本龍一、高木正勝、高田漣らによるトリビュート・アルバムがリリースされました

ぼくは高木正勝さんもカバーされました、「Perpetuum Mobile」という曲が好きです。

www.youtube.com
www.youtube.com

今っぽいセンスにあふれているのかどうかは知りませんが、小生の好みではあります。

コーヒーはサイフォン式。器だって一つひとつ違います。きっとこのお店は長年の夢の結晶なんだろうなあ…という印象を受けます。

ブログによると、内装のデザインはtoeの山嵜さんのようで。飲食店を手掛けることもあるとは知りませんでしたが、無駄のない内装ですっきりしております。
from ペンギンカフェのブログ

たぶん立地的に、多くの人は来れないだろうと思います。それももしかした良い点なのかもしれませんね。少なくとも、ぼくは混んでいるペンギン・カフェは見たくない。

酒量を減らしてここでコーヒーを飲んで過ごすのも良いなあ、と思い始めております。いやあいいお店だ。

2015年にブクマしたSlideShareの(たぶん)素敵なスライドまとめ

ダラダラと2015年にブクマしたスライドを眺めていた。きっと君の役に立つはずだ、うむ、間違いない。

ぼくとしては、個人的には着物とpixivのスライドが好きだ。

Kaizenがしてきた失敗に学ぶpm論 公開用

日本最多のオフィス訪問シリーズ 「行ってきたシリーズ」のTOP5+αとして日本のイケてるオフィスを紹介しちゃうよ!

インターネットにおける悪評 - 高野光弘編

52 Things You Didn't Know About BuzzFeed

入社式でした話2015

FINAL FANTASY 零式HDにみる 新しいHDリマスター

お前なんかハッカーじゃない╭( ・ㅂ・)و ̑̑

スタートアップ共同創業者の見つけ方、付き合い方、別れ方

絶対に描いてはいけないグラフ入りスライド24枚

着物勤務のすゝめ

1年間で100万PV増やしたコンテンツ運用と最適化|写真素材サイトぱくたそ

イマドキWebメディアの制作手法

実録!現場におけるLeanStartupの実践

Lean Customer Development と顧客インタビュー (技術者/研究者発スタートアップのためのリーンスタートアップ)

そばを食べて年末を思う

https://www.instagram.com/p/-8fwOOj7Ft/

そばを食べるのに、多くの場合はさほど手間はかからない。IT化がいかに進もうとこれ以上変化しないであろう、その調理・食券システム。言葉はたったの二言で良い。「そばで」「ごちそうさまでした」。これだけである。

ぼくは駅前の広場で暫く何を食べようか考えて、それからカウンターしかない質素な「うどん・そば屋」に入った。駅前にあるそば屋の競合優位性は非常にシンプルだ。近い、安い、早い。味なんて知らない。そんなものは宇宙のどこかに漂うスペースデブリと一緒だ。味のことを気にしなければ、それは最高のディナーである。ディス・イズ・ディナー。

グレーににぶく光る「自動ドア」ボタンを押して店内に入ると、眉間に皺を寄せた親父がたった一人で、黙々とそばをゆでたりお冷を出したりしている。マルチタスカー。そば屋かくあるべし。

食券販売機の「天ぷらうどん・そば」のボタンを押して、入り口そばにある席に座る。親父が近づいてきたので、そばで、と声をかける。親父は軽く返事をして背中を向ける。

店内にラジオの声が響く。「きょう、ストックホルムではノーベル授賞式が行われる予定で、日本からは…」。左手に座るアジア系の親子は、聞き慣れない言葉で静かに会話を続けている。時々笑みをこぼす。何かいいことがあったのかもしれない。

12月だ。

気が付けば赤く色づいた木々は少しずつその葉を落とし、街を歩く人々の装いは冬のそれへと変化する。この時期になると「あー、今年は昨年と違う何かをできたのだろうか」と考える。

とりたてて何も変わってないなあ。

それでも何人かの友人は職を変え、結婚し、数年前には見られなかったしわを額に刻む。昔みたいな飲み方はできないねえと小さく笑い、違いねえと返す。Facebookの向こう側ではあたたかな家庭の姿。何も変わっていなくても、確実に年は重ねた。

カウンターの奥で親父が咳込み、丸くなった背中を震わせる。調理場の空調が音をごーごーと音を鳴らした。

静寂。

ぼくがお冷を飲み干してごちそうさまでした、と席を立つと、親父はこちらを見てニコッと笑い、ありがとうございましたと返事をする。会釈をして店の外に出ると、すっかり暗くなった空。帰って猫に餌をやんなきゃなあと思い、帰路につく。

身の回りの幾つかは変わったのかもしれないし、自分の中の何かは殆ど変わってないのかもしれない。そういうものなんだろう。

明日は月曜日かー。

「ほっといてくれる飲み屋」の有り難さ

「マッド・マックス見ました?いやあ昔からあのシリーズをずっと見てきましてね…え、まだ見てない?あれは見るべきですよ!ヒューマン系の映画は見ないですねえ、分かりやすい映画しかダメでwww」

いわゆるウェットなコミュニケーションをとってくる飲み屋、バーが苦手だ。冒頭のような会話をしてきたお店には、もうそれっきり足を運んでいない。嫌いというわけではない。サンマの塩焼きにキャベツの千切りは合わないとか、ただ単に相性の問題なのだと思う。申し訳ない。

自宅から徒歩5分ほどの近所に、夫婦で切り盛りしている焼き鳥屋がある。とてもキレイとは言えないが、中央線の雰囲気を残すこじんまりとしたお店だ。いつもユーミンの歌が流れていて、カウンターの隅っこではおっちゃんがちびちびとビールを飲みながらクロスワードを解いたりしている。

有り体に言って「場末」だ。

週イチくらいのペースで訪れ、同じくビールをちびちび飲みながら本を読む。テレビはだいたい野球中継を流していて、阪神だか巨人だかが失策をすると「あ〜」と店内から声が漏れる。

週末には草野球帰りのおっちゃんが集まり、わいわい賑やかにテーブルを囲む。時間が進むに従い表情が赤くなっていく。ご主人は忙しそうにカウンターの向こう側で右往左往しながら、黙々と調理しつつ時折お客さんの会話に混ざったりしている。

ぼくはその間、注文時以外はほぼ言葉なく本のページをめくる。ご主人も「本を読みに来た人」と認識しているので、話しかけることはない。「ごちそうさまでした」と告げ店を出ると、ご主人はいつもニコッと笑い、ありがとうございましたとおじぎをする。

その距離感が居心地よい。気遣いすることなく本が読める。

1人で飲みに行くと気を使ってやたらと話しかけてきたり、距離感を縮めようとしてくるお店もあるけれども、悲しいかな、近くなればなるほど足が遠のく。距離感が近ければ近いほど良い関係性である、というわけではないのだ。

お財布と独り身に優しく、デイリーユースでひっそり飲めるお店がもっと増えると良いなあ。

tabelog.com