読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

@d_tettu blog

メディアとかウェブとかネコとかそこらへん。たまに日記。

スマホに装着するカメラ「OLYPUS AIR」で猫と遊んだらすげーかわいかった

我慢できなかった、すまない


スマホに装着して撮影するタイプのカメラ「OLYPUS AIR」を偶然見つけたので買ってしまった。本体のみ中古で30,000円と、発売開始から日も浅いためか安くはなっていなかったが、これも何かの縁だろうと店員さんに相談しながらも「買います」。

スマホアプリから操作できるのでレンズのみ、なかなか変わった筐体をしているので、ガジェットなどに興味のない人はイメージがわかないかもしれない。

なんかロボットっぽい。

このカメラの良いところは遠隔操作、一般のカメラと異なるアングルで撮影できるという点にある。というわけで、猫を撮ってみることにした。
レンズはPanasonicの「H-H014」を使用。あんまり猫撮影には向いてないぽい。評判と汎用性、値段だけで買ったので詳しくは分からん。

使うのはこれ。

自撮り棒と猫じゃらしに、OLYPUS AIR。

これが、こうなって。


こうなる。

これで猫じゃらしと遊ぶ猫を、近距離で撮影することができる。洗濯バサミではさめば今日から猫撮影マスター。猫の写真で有名な写真家・岩合光昭さんもこれで超えられる。見よ、あれが巴里の灯だ。
ここまでの写真はiPhoneで撮影。まあキレイに撮れるよね。

撮ってみた

ふおお。興味を持ってくれた!


 

f:id:tettu0402:20150524092538j:plain


突撃してくるところはさすがにブレた…。タイミングが合わない。

遊び疲れて反応しなくなった

虚無な目をしておる…。

設定は何もいじらずにひたすら撮り続けたのだけど、普通だと撮影しづらい距離感で撮れたのでとても面白かった。何よりかわいい。やっぱり猫は大正義。

Wi-Fiを経由してスマホと連携させるので、自宅の場合はWi-Fiの切り替えが面倒という難点はある。いちいちiPhoneの設定からWi-Fiを切り替える必要があるのよね。まあこればっかりはどうしようもない。

また、「パパっと起動して撮影する」という用途にはあまり適さないような気もする。アプリを起動しないと撮影ができないので、どうしてもそればっかりは数秒のラグが生じてしまう。Androidの場合は挙動が違うらしいが、あいにくと所持していないのでこちらは確認していない。

まあ瞬間的に撮りたい場合はiPhoneでいいかもね。

猫と遊んでいたら結構な時間が経ってしまった。猫は眠そうな顔をして部屋の隅でぐだーっとしている。1カ月後にOLYPUS AIRをちゃんと使っているかは分からない。猫を撮った時点で満足だ。

なお、飲み屋でこのカメラを使っていたところ、周囲のお客さんから「きゃーなにあれすごいー」とキャッキャウフフな状態になったことをご報告させていただく。