読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

@d_tettu blog

メディアとかウェブとかネコとかそこらへん。たまに日記。

阿佐ヶ谷「うさぎや」のうさぎ饅頭と猫の物語

http://instagram.com/p/vXm-RkD7E8/
おーおーさわっとるわ。

ロードバイクで下北沢まで出かけた帰り、ウェブ男はなんとなく「うさぎや」に寄ってみた。特に何を求めてというわけではなかったのだけれど、晴れた日の午後に和菓子を食べるのも良いかなと思い足を止めたのだった。おだやかな陽の光は、人をどこか別の場所に運ぶものだ。


うさぎや - 阿佐ヶ谷/和菓子 [食べログ]


戸を開けて店内に入ると、やや古びた木棚ケースに和菓子が並ぶのが見えた。大福やどら焼き、ぜんざいなどがところ狭しと並んでいる。

そんな中にひとつ、やや趣の異なるうさぎの饅頭を見つけた。ウェブ男は1分くらいそれを眺めてから、店員にうさぎを3つ、と言った。

http://instagram.com/p/vXmrfIj7DW/
ゲットした。うさぎ饅頭。

自宅のドアを開けると猫が部屋の中から駆け寄ってきた。にゃー。ウェブ男は猫の頭を軽く撫でてから、おみやげだぞ、という風に包みを見せてみた。猫は興味なさそうに一瞥して部屋に戻っていった。何のために駆け寄ってきたのだろう。

ウェブ男は机上で包みを広げてみた。白くて丸い饅頭が姿を表した。なんか陶器みたいだなとウェブ男は思った。

http://instagram.com/p/vXm1KMD7EM/
かわいい。

そのうち一つを開けてがぶり。なかなか濃厚なあんこだ。見た目の割にぎっしり詰まっている。

ウェブ男はぱくぱくと残りの饅頭もぽいぽい口に入れていった。猫はその様子を横でただ見ていた。時々物欲しそうにしていたので差し出してみたが、ちょっとにおいをかぐだけですぐに興味をなくした。

窓の方に目をやると、やや赤みがかった光が通りの向こう側のマンションに射していた。冬がもうすぐそこまできていた。