読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

@d_tettu blog

メディアとかウェブとかネコとかそこらへん。たまに日記。

おっぱいになれなかったおっぱい

職場の先輩に招待状を頂き、渋谷・ヒカリエで開催されている岩合光昭さんの猫写真展に行ってきた。色んな表情の猫がおり、とても良かった。うちの猫に会いたくなってすぐに帰った。素っ気ない対応をされた。むーん。

写真展で印象的だったのが、岩合さんの飼っていた猫「海ちゃん」が子育てをする写真。
温かい雰囲気だなあと思いながら眺めていると、見覚えのない突起物が腹部に気付いた。ん?
あ、おっぱいだ。

腹部に突き出るピンク色の小さな突起物。見たこともないメス猫のおっぱい。なんだか限りなく遠い世界の出来事のようだった。
うちの猫、春菊(通称・春ちゃん)にはそんなおっぱいはない。去勢したからだ。
我が家にやってくる前に既に事を終えていたので、そんなことは気にも留めていなかった。
今思い返していると、なんかイボみたいな突起物が腹部にあった気がする。

うん、むっちゃいじってたわ、あれ。

知らずに「うーん、何かできものができてるな…痛みとかあるのかな…」なんていじりまくってた。
その時の表情たるや。怪訝な顔。

ともあれ、そんな風にして春ちゃんはもう子どもを生むことができないんだな、と気付かされた。
それが良いことなのかは分からないが、春ちゃんの一つの可能性は消えてしまったんだなと。ともすれば、あり得たかもしれない未来。
僕は春ちゃんの「出来損ない」のおっぱいを見るたびに、たぶんそんなことを思うんだろう。

と、こんなことをつらつらと書いていると、膝の上に春ちゃんが乗っかってくる。かわゆす。

色々と楽しめるようになんとかしてやりたいなぁ、犬でも飼うか、と考えながら今日も日が暮れる。
ううむ、真剣に2匹目を考えよう。
http://instagram.com/p/dMzW7eD7Mm/
Instagram